真性包茎とは

メインイメージ

無理は禁物

包皮口が狭い、または亀頭と包皮が癒着しているなどの理由で包皮をずらしても亀頭を露出できない状態を真性包茎と言います。
なかには出血覚悟で包皮を剥いて、亀頭を出そうとする方がいるかもしれませんが、無茶をすると本当に出血しますし、傷口から感染するおそれもありますので無理は禁物です。
また、包皮口が狭いだけで癒着がみられない方が無理をした場合、「カントン包茎」になってしまうので注意が必要です。
悩ましい真性包茎ですが、日本人の約1~2%の確率で存在しています。
真性包茎は、自分で解決、現状を打破することは困難です。手術に頼らざるをえないでしょう。
ポピュラーな手術として環状切開術が広く知られています。
他にも手術の種類は様々です。一度調べてみましょう。
また、背面切開法という手術についてご紹介します。一般的には子供の真性包茎に行われる手術です。
全身麻酔を行ない癒着部分をはがし、包皮を残したまま開口部分を縦に切開し、亀頭が露出できる状態にしてから縫合する手術です。
環状切開術が、余分な包皮を切開するのに対し、背面切開法で施術すると包皮は残されています。よって仮性包茎にするための手術だといえます。
仮性包茎の状態でよいか、完全に包皮を取り除きたいか、目的別に手術が異なります。
一般的には環状切開術を用いる医療機関が多いようです。
縫合部分が目立つかもしれないことも考慮に入れる必要がありますが、術後は、よほど切り過ぎることがない限りつっぱることもありませんし、
外見上のコンプレックスも解消されます。
最善の手術方法は人それぞれだとは思いますが、お勧めの手術だと思います。

大きさを合わせ

もしアナタが真正包茎だったとしたら、手術を考えるでしょうか?しかし、真性包茎はもう包皮を除去するしかありません。包茎手術と言うものは本当に様々な種類があるものです。人に合った手術は一体何なのかと思いますが。
ここでは亀頭直下埋没法の説明をします。
これは実は包皮口を来いる事が基本となります。
勃起した状態にして、電気メス、メス等各医院の方法に従って行っていきます。基本的には大きさを合わせます。
中には、包皮と陰茎が癒着してしまっている物もあるのでこれは取り除く事になります。
傷口が切断によって、起こってしまうのでこれを縫っていく作業もあります。
最近では、本当に手術したのだろうかと目を疑ってしまうような素晴らしい出来映えのものもあります。以前のような雑な傷跡などは残っていないので、とっても安心出来るのではないでしょうか?当然、麻酔は施されますがこちらも傷みなどは全く感じません。。
亀頭直下埋没法と言うのは、とっても良いような手術方法に感じるかもしれませんが、実はこの包皮口の切断により、短すぎるとまったく切れていないなどのトラブルも起こりやすいのです。
もちろん、とてもデリケートな場所なので縫糸の最中にトラブルが出る事もあります。
もちろん、このような場合はしっかりと再手術を受ける義務がありますので再手術を志願しましょう。しかし、例はあまり無いと聞いています。
何で、皮を切り取りすぎてしまったからと言ってクレームが起こるのか言うと、性行為などの時にやはり、勃起するのでかなりの傷みを感じてしまう事からだそうです。
経験が少ない医師や、怪しい医師の中には失敗をしてしまう者もいるようですが、最近では余聞きません。
しっかりとリサーチをして、信頼出来る医師を捜す事でしょう。

包茎手術|東京銀座長澤クリニック
東京銀座長澤クリニック

最近の投稿

包茎でお悩みなら

包茎・包茎手術他、完全予約制24時まで治療可能な東京のクリニック
東京のクリニック

包茎手術|静岡県で包茎手術なら静岡中央クリニックへ相談。
静岡中央クリニック

包茎手術|包茎|宮崎|熊本|鹿児島三井中央クリニックメンズ
鹿児島三井中央クリニックメンズ

Copyright© 2013 真性包茎とは All Rights Reserved.